メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

同性カップル、子育て奮闘中 アジア初、5月に婚姻法制化

長女の靖苗ちゃん(中央)に英語の絵本を読み聞かせる呉少喬さん(左)と邱明テキさん=台湾北部・桃園市で2018年P

 台湾で5月24日、アジアで初めて同性婚が認められた。世界の国・地域では26番目。6月22日までに1173組が婚姻届を出した。アジアの中では同性愛者を含めた性的少数者(LGBTなど)に対して寛容な社会だと言われる台湾だが、それでも同性愛に対する社会の偏見は根強く残る。そうした中で近年、人工授精や代理母という方法で子を授かる同性カップルが急増している。台湾で3組の同性カップルを取材した。【福岡静哉】

この記事は有料記事です。

残り2945文字(全文3145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです