英国

EU離脱 妥協点模索 独、譲歩も示唆/仏「再延期ない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同記者会見するメルケル独首相(右)とジョンソン英首相=ベルリンで21日、AP
共同記者会見するメルケル独首相(右)とジョンソン英首相=ベルリンで21日、AP

 英国のジョンソン首相は21、22の両日、独仏を訪問し、欧州連合(EU)からの離脱問題などを巡り、両国首脳と会談した。メイ前英政権がEUとまとめた離脱協定の修正を狙うジョンソン氏とEU側との駆け引きが始まった。会談でメルケル独首相は譲歩の可能性を示唆したが、マクロン仏大統領は協定修正を前提とする再交渉を拒む姿勢を改めて強調したとみられる。10月31日に離脱期限が迫る中、双方が妥協点を見いだすのはなお難しい状況だ。【ベルリン念佛明奈、ロンドン服部正法、パリ賀有勇】

 7月に首相に就任したジョンソン氏にとっては今回が初の外遊となる。離脱強硬派の新首相が求めているのは、アイルランド国境を巡る条項の離脱協定からの削除だ。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1163文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集