メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

目と手で考え、仕事する=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日、数寄屋造りの建築を手掛ける会社を訪ねた。過去10年あまりで総工費も坪単価も最高水準といわれた邸宅を見事に完成させて名をはせたその会社は、東日本大震災後の東北において、復興支援として個人宅や社屋など数々の建物を建ててくれた。

 どれも伝統的な数寄屋技術にのっとりながらもモダンで、心地がよい。被災した街の中に、そんな上質な空間が一つまた一つとできていくのは、とてもワクワクすることだった。どんな方たちが仕事をしているのだろう。彼らの工場(こうば)を訪ねると、総勢20人ほどの職人さんが黙々と作業されていた。

 現代的な建築では、建築家が設計をし、施工者はその図面通りに仕上げる。一方数寄屋造りでは、設計と施工…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文707文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです