メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スロー地震

多発域、被害抑制 断層破壊の拡大止める 東日本大震災、M9超えていた? 京大チーム発表

 通常の地震よりゆっくりと断層がずれる「スロー地震」の多発域が東日本の太平洋沖にあり、2011年の東日本大震災ではこれらの多発域で断層破壊の拡大が止まっていたことが分かったと、京都大防災研究所などの研究チームが発表した。南海トラフ巨大地震の想定震源域にもスロー地震多発域があり、地震の規模の評価に影響する可能性がある。論文が23日、米科学誌サイエンス電子版に掲載される。【渡辺諒】

 東日本の太平洋沖の日本海溝では、海側のプレート(岩板)が陸側のプレートの下に沈み込み、ひずみがたまっている。大震災は、プレート同士が固着した部分(固着域)がひずみのエネルギーでずれる断層破壊が原因で発生した。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです