メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スロー地震

多発域、被害抑制 断層破壊の拡大止める 東日本大震災、M9超えていた? 京大チーム発表

 通常の地震よりゆっくりと断層がずれる「スロー地震」の多発域が東日本の太平洋沖にあり、2011年の東日本大震災ではこれらの多発域で断層破壊の拡大が止まっていたことが分かったと、京都大防災研究所などの研究チームが発表した。南海トラフ巨大地震の想定震源域にもスロー地震多発域があり、地震の規模の評価に影響する可能性がある。論文が23日、米科学誌サイエンス電子版に掲載される。【渡辺諒】

 東日本の太平洋沖の日本海溝では、海側のプレート(岩板)が陸側のプレートの下に沈み込み、ひずみがたま…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです