海洋プラごみ対策

来年度予算、倍増 環境省、180億円要求へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 環境省は、プラスチックごみの「海洋流出ゼロ」に向けた総合対策を実施するため、来年度予算の概算要求に今年度から倍増となる総額約180億円を盛り込む方針を固めた。自治体による海洋プラごみ回収、プラスチック代替素材の開発を後押しするほか、国際ルールづくりや途上国支援にも取り組む。

 6月に大阪市で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議で2050年までに海洋流出ゼロ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集