メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

イイジマ岩・オカモト岩、JAXA命名 亡き研究者の名、リュウグウに

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作った人工クレーター付近の直径数メートルの岩に、闘病の末、はやぶさ2の活躍を見ずに他界したJAXAの研究者2人にちなんだ名前を付けたと発表した。またリュウグウの岩石が入ったカプセルを、初代はやぶさが帰還したのと同じオーストラリア南部の砂漠地帯に帰還させる予定を明らかにした。

 はやぶさ2は今年4月、金属の塊を衝突させて直径10メートル超のクレーターを作製。衝突時に動いた大きな岩には、2012年に44歳で亡くなったJAXA助教の飯島祐一さんにちなみ「イイジマ岩」、びくとも動かなかった岩には、38歳で昨年亡くなった元JAXA研究員の岡本千里さんをしのんで「オカモト岩」と名付けた。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです