メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

危ない「個人間融資」 SNSで募集、潜むヤミ金 多重債務者に甘いワナ

SNSで個人間有志のトラブルが広がっている(写真はイメージ)=山崎一輝撮影(画像の一部を加工しています)

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やインターネット掲示板を通じて面識のない人同士がお金を貸し借りする「個人間融資」のトラブルが相次いでいる。ヤミ金融業者が潜んでいたり、保証金名目でお金をだまし取られたりするケースがある。ネット空間で何が起きているのか、その一端を探った。【和田浩幸】

 「緊急で10万必要です」

 「個人間融資です。お困りの方はお気軽に」

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2264文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです