メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 混合複、日本勢初メダルに王手 渡辺、東野組が8強

 バドミントンの世界選手権第4日は22日、スイスのバーゼルで各種目の3回戦が行われ、混合ダブルスは世界ランキング3位の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が同13位のイングランドペアを2-0で降して初の8強入りを果たした。3位決定戦が行われないため、次の準々決勝で勝利すれば混合ダブルスで日本勢史上初のメダル獲得となる。

 同21位の保木卓朗(トナミ運輸)、永原和可那(北都銀行)組は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのチャン・ペンスン、ゴー・リュウイン組(マレーシア)にフルゲームで敗れた。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです