メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 混合複、日本勢初メダルに王手 渡辺、東野組が8強

 バドミントンの世界選手権第4日は22日、スイスのバーゼルで各種目の3回戦が行われ、混合ダブルスは世界ランキング3位の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が同13位のイングランドペアを2-0で降して初の8強入りを果たした。3位決定戦が行われないため、次の準々決勝で勝利すれば混合ダブルスで日本勢史上初のメダル獲得となる。

 同21位の保木卓朗(トナミ運輸)、永原和可那(北都銀行)組は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダル…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです