メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR誘致

横浜市長が表明 関東で初 反対の市民抗議

 横浜市の林文子市長は22日、横浜港山下ふ頭(横浜市中区、約47ヘクタール)にカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する意向を記者会見で表明した。大阪府・市、和歌山県、長崎県に続く表明で、関東圏では初となる。一方、市民の間にはギャンブル依存症への懸念や街のイメージの問題などから根強い反対意見もある。ふ頭に関わる業者団体も反対姿勢を鮮明にしており、難航しそうだ。

 林氏は、IR整備区域選定基準などを定める国の基本方針が近く公表されることや他自治体の動向を踏まえ、「(誘致表明は)この時期だと判断した」と述べた。また「横浜の将来に強い危機感がある」という表現を繰り返し、将来的に人口減少に転じて税収が減少する市の財政を支えるには、誘致による収入が不可欠と強調した。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです