メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣人とともに

日本・韓国 市民レベル、交流蓄積 高麗博物館館長・新井勝紘さん(75)

 高麗博物館(東京都新宿区)ができたのは、1990年の在日コリアンの新聞投稿がきっかけでした。戦時中に日本に持ち込まれた朝鮮半島の文化財を展示すべきだという内容です。日本人や在日コリアンが運動を始め、2001年に開館しました。展示品は個人の寄贈が中心でボランティアの手で運営しています。

 日本は古い時代から朝鮮半島の影響を強く受けていますが、戦争の加害や被害を含め、日本人にはあまり知られていないんですね。日本と韓国、朝鮮の歴史を互いに理解し合うべきだ、というのが基本的な…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです