メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣人とともに

日本・韓国 市民レベル、交流蓄積 高麗博物館館長・新井勝紘さん(75)

 高麗博物館(東京都新宿区)ができたのは、1990年の在日コリアンの新聞投稿がきっかけでした。戦時中に日本に持ち込まれた朝鮮半島の文化財を展示すべきだという内容です。日本人や在日コリアンが運動を始め、2001年に開館しました。展示品は個人の寄贈が中心でボランティアの手で運営しています。

 日本は古い時代から朝鮮半島の影響を強く受けていますが、戦争の加害や被害を含め、日本人にはあまり知られていないんですね。日本と韓国、朝鮮の歴史を互いに理解し合うべきだ、というのが基本的な…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです