メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7へ首相出発 トランプ氏らと個別会談へ

韓国政府による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年8月23日午前11時7分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は23日午前、フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席するため、政府専用機で羽田空港から出発した。通商など世界経済や気候変動、中東情勢などが議題となる。米国と他の6カ国との間で意見の隔たりが大きいため、例年発表される首脳宣言の作成は見送られる方向だ。

 通商を巡っては「米国第一主義」を掲げて保護主義の傾向を強めるトランプ米大統領に対し、自由貿易の重要性を訴える他の首脳との調整が難航するとみられる。地球温暖化対策でもトランプ氏は後ろ向きだ。安倍首相は昨年のカナダでのサミットで、首脳宣言の採択を巡り米国と欧州各国との仲介に尽力したが、今年も米国と他国の溝は埋まっていない。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです