メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

GSOMIA破棄決定について記者会見する韓国大統領府の金有根国家安保室第1次長=ソウルで22日、聯合AP 

 日本政府は韓国による軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告を受け、北朝鮮の核・ミサイル関連の情報を得るため、情報共有に関する2014年の日米韓3カ国合意の再開に向け米韓両国との調整を目指す方針だ。米国を介して日韓の機密情報を共有する枠組みで、16年11月のGSOMIA締結後に運用が事実上止まっていた。韓国側も合意に基づく情報共有は継続する意向。両国は11月のGSOMIA終了後の安全保障協力への影響を最小限に抑えようと躍起だ。

 日米韓の防衛当局は14年12月、北朝鮮の核・ミサイルの関連情報を共有する取り決めに署名。日韓両国が…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文739文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです