メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

六本木ヒルズに匹敵する再開発 30年がかりの計画にかける関係者の思いとは

森ビルが進める虎ノ門・麻布台プロジェクトの全景イメージ=同社提供

 東京都港区の虎ノ門・麻布台地区に2023年、新たな「街」がお目見えする。森ビルは22日、今月着工した8・1ヘクタールの大規模再開発事業の概要を発表。完成時で日本一となる高さ約330メートル、64階建ての超高層ビルなどを建設し、「六本木ヒルズに匹敵する、森ビルとして過去最大規模の都市開発」(同社)になるという。街づくりが動き出した1989(平成元)年から、平成をまたいで30年がかりのプロジェクトにかける関係者の思いとは--。【柳原美砂子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2292文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

柳原美砂子

1995年入社。大分支局、福岡本部勤務の後、東京経済部で省庁や企業の取材を担当。2019年5月から統合デジタル取材センター副部長。趣味は散歩や山歩き。学生時代は少林寺拳法をやっていた。1973年福岡県生まれ。好物は、博多では生で食べることが多いサバ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです