メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国、GSOMIA破棄を日本政府に通告 11月に失効

[PR]

外務省=2019年5月10日、米田堅持撮影

 韓国政府は23日午後、日本政府に対して、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると通告した。日本外務省が明らかにした。韓国外務省の担当者が長嶺安政駐韓大使に破棄通告の口上書を渡した。日韓GSOMIAは今年11月、失効する。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮や軍拡が著しい中国への対応などで、日米韓の連携に悪影響が及ぶのは必至だ。

 GSOMIAは機密情報の保護のルールなどを定めた協定で、日韓両政府が2016年11月に締結。北朝鮮の核・ミサイル情報を中心に情報を共有してきた。

 韓国政府は22日、日韓GSOMIA破棄の方針を公表していた。韓国側は日米韓の連携は一定程度維持する方針だが、日米両国は韓国への懸念や失望感を表明した。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです