メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾンの熱帯雨林で火災多発 ボルソナロ政権は環境保護より開発重視

 南米ブラジルでアマゾンの熱帯雨林の火災が記録的なペースで多発している。違法な焼き畑の急増が原因とみられるが、環境保護を軽視するボルソナロ政権の姿勢に対しても国際社会の懸念が深まっている。フランスで24~26日に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)は地球温暖化対策も主要テーマで、議長のマクロン仏大統領は22日、この問題を取り上げるべきだと提案した。

 ブラジル国立宇宙研究所によると、ボルソナロ氏が大統領に就任した今年1月から8月末にかけ、国内の森林…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文713文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです