メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校の臨時教諭、教室に盗撮カメラ設置 懲戒免職処分に

[PR]

 勤務先の小学校の教室に盗撮用のカメラを設置したとして、埼玉県教育委員会は22日、県東部の小学校の男性臨時教諭(24)を懲戒免職処分とした。

 県教委によると、男性教諭は6月26日夜、女子児童が着替えをする教室の机に小型カメラを設置した。翌日、同僚教諭が教室内に落ちているカメラを発見。映像に男性教諭が映っており、関与が発覚した。児童は映っていなかったという。県教委の聴取に対し男性教諭は「小さな子どもやのぞきに興味があった」と説明。学校側は警察に被害届を提出し、警察が捜査している。

 県教委は教諭の氏名を発表しない理由について「今後、盗撮被害の児童が判明する可能性があるため」としている。【山越峰一郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです