メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイビスカスは世界遺産登録のカベ? 奄美で駆除始まる

奄美ではなじみ深い花だが、外来種であるハイビスカス=鹿児島県宇検村で2019年7月22日午前10時23分、神田和明撮影

 鹿児島県・奄美大島で咲き誇る真っ赤なハイビスカスは南国気分を盛り上げる夏の花として人気だが、環境省と同島の宇検(うけん)村は、島の世界自然遺産登録の障壁となる「外来種」であることを理由に共同で伐採に乗り出した。同村の村花でもあるが、同省は「島の生態系保全のためにも駆除は必要」と説明し、登録に影響する重要地域での伐採を進める。

 7月下旬、電動のこぎりを手にした同省職員ら20人あまりが宇検村内の湯湾(ゆわん)岳に通じる村道に入…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです