メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイビスカスは世界遺産登録のカベ? 奄美で駆除始まる

奄美ではなじみ深い花だが、外来種であるハイビスカス=鹿児島県宇検村で2019年7月22日午前10時23分、神田和明撮影

 鹿児島県・奄美大島で咲き誇る真っ赤なハイビスカスは南国気分を盛り上げる夏の花として人気だが、環境省と同島の宇検(うけん)村は、島の世界自然遺産登録の障壁となる「外来種」であることを理由に共同で伐採に乗り出した。同村の村花でもあるが、同省は「島の生態系保全のためにも駆除は必要」と説明し、登録に影響する重要地域での伐採を進める。

 7月下旬、電動のこぎりを手にした同省職員ら20人あまりが宇検村内の湯湾(ゆわん)岳に通じる村道に入…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです