メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベビーフード市場拡大 共働き増加 1歳児以上の売れ行き好調

和光堂から発売される新ブランド「WAKODO GLOBAL」の離乳食=東京都渋谷区恵比寿南2のアサヒグループ食品で2019年7月29日午前11時33分、椋田佳代撮影

 ベビーフードの売れ行きが好調だ。年間出生数は減少傾向が続くが、共働き世帯の増加や加工食品への抵抗感が薄れていることなどが後押ししているようだ。9月には新商品が相次いで投入されるなど、市場は活性化している。

 「まぐろと野菜の五目ごはん」や「ミートスパゲティ(レバー入り)」。食品メーカー「キユーピー」(東京都渋谷区)が販売するベビーフードは、家庭で調理しにくい鶏レバーやマグロを使ったメニューが並ぶ。商品開発を担当する潤(うるい)真奈美さんは「軟らかく煮込む、細かく切るなど、手作りすると手間がかかる食材を使っています。働いていると離乳食のストックを作るのは大変。負担がかかる食材をベビーフードで補ってもらえれば」と話す。

 国内でベビーフードを製造販売する主要6社でつくる「日本ベビーフード協議会」(東京都千代田区)による…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです