メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「宗像国際環境100人会議」始まる テーマは「常若」

宗像国際環境100人会議で、意見を交わす柴咲コウさん(右から3人目)ら=福岡県宗像市神湊のホテルで2019年8月23日午後2時54分、杣谷健太撮影

 海をめぐる地球環境問題の解決策を考える「宗像国際環境100人会議」が23日、福岡県宗像市のホテルで始まった。6回目の今年は「常若(とこわか)」をテーマに、25日までの3日間、学識経験者や企業の担当者らが意見を交わす。

 常若は「衰えることなく、常に若々しくあれ」という意味で、持続可能性を日本の文化的な言葉…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです