メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村梅丸が莟玉に 11月「吉例顔見世大歌舞伎」 「菊畑」で虎蔵演じる

中村梅玉さん(左)の養子となり、中村莟玉(かんぎょく)を名乗ることになった中村梅丸さん=東京都中央区で2019年8月23日午後2時48分、根岸基弘撮影

 歌舞伎俳優中村梅玉さん(73)門下の若手花形、中村梅丸さん(22)が、梅玉さんの養子となり、東京・歌舞伎座の11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」から中村莟玉(かんぎょく)を名乗ることになった。23日に東京都内であった記者会見で発表された。

 梅丸さんは一般家庭に生まれ、2、3歳で母親と見た歌舞伎に魅了された。2004年に梅玉さんに入門。05年に初舞台を踏み、06年に梅丸となった。

 披露演目は夜の部の序幕「菊畑」で、梅丸さんは虎蔵、梅玉さんが智恵内(ちえない)を演じる。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです