ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2000年8月にソウルであった日本人初の大規模コンサートで、肩を組んで歌うCHAGEさん(左)とASKAさん
2000年8月にソウルであった日本人初の大規模コンサートで、肩を組んで歌うCHAGEさん(左)とASKAさん

2000年8月、韓国では日本人初の大規模コンサート

 音楽デュオ「CHAGEandASKA」がデビュー40周年を迎える25日、2000年8月に韓国で行った日本人として初めての大規模コンサートの映像を収録したDVDの販売に踏み切る。09年に活動休止を宣言して以来、ソロ活動を続ける2人にとって初めてとなるデュオ名でのリリースだが、DVDには、従軍慰安婦問題や徴用工判決、輸出規制などをめぐる日本と韓国の政府間対立が続く状況を意識して「民と民はつながっていよう」とのメッセージを込めたという。約2時間にわたる映像には、熱唱する2人のほか、会場を埋めた韓国の人々と日本から駆けつけたファンとがともに歌う姿がある。当初は公開しないと決めていたライブ映像を、19年後の今になって「見てもらいたい」理由とは何か。ASKAが毎日新聞のインタビューで語った。【聞き手・構成 栗田慎一】

この記事は有料記事です。

残り6316文字(全文6699文字)

あわせて読みたい

注目の特集