メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

看護、獣医学部独立 森ノ宮に25年度新キャンパス 大阪府大・市大統合基本構想

大阪府庁

 2022年度の統合を目指す大阪府立大と大阪市立大による新大学の基本構想案の概要が23日、判明した。看護学部や獣医学部を独立させるなどし、大学は1学域・11学部、大学院は新設の情報学など15研究科に再編。大阪・関西万博が開かれる25年度に、新たに大阪市森之宮地区(城東区)に共通教育棟などのメインキャンパスを整備する。構想案は、27日に開かれる府市の副首都推進本部会議で議論される。

 新キャンパス整備後は、現在の市立大杉本キャンパス(住吉区)と府立大中百舌鳥キャンパス(堺市中区)の…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  5. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです