メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ボサノバの神様」の行方を追うドキュメンタリー「ジョアン・ジルベルトを探して」 監督インタビュー

「ジョアン・ジルベルトを探して」の一場面(C)Gachot Films/Ideale Audience/Neos Film 2018

 ブラジルの伝説的ミュージシャンで、「ボサノバ」の生みの親の一人、ジョアン・ジルベルトさん(享年88)が7月6日にリオデジャネイロの自宅で亡くなった。2008年から10年以上も人前から姿を消し、謎に包まれていたジルベルトさん。「ジョアン・ジルベルトを探して」(18年)は、フランス出身のジョルジュ・ガショ監督(56)が生前の彼に会うため、16~17年にリオデジャネイロを旅したドキュメンタリー映画だ。きっかけは、ジルベルトさんを探し求めてブラジルに足を運んだものの、夢がかなわぬまま命を絶った、ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーさんの本だった。【西田佐保子】

 ポルトガル語で「新しい傾向」の意味を持つ「ボサノバ(Bossa Nova)」は、1950年代後半にブラジルで誕生したポピュラー音楽。諸説あるものの、58年に録音された、ジルベルトさんが歌い演奏する「想いあふれて」(アントニオ・カルロス・ジョビンさん作曲/ビニシウス・ジ・モライスさん作詞)が、初のボサノバ曲だといわれている。

この記事は有料記事です。

残り2120文字(全文2567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. 元看護助手再審無罪「不適切な取り調べなし」 滋賀県警本部長が初めて反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです