メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

テニス世界ジュニアランク1位、望月慎太郎選手 強さの秘密は?どんな生活?山中コーチに聞いた

[PR]

 7月に英国で開かれたテニスのウィンブルドン・ジュニア選手権で優勝し、世界ジュニアランキング1位になった16歳(さい)の望月(もちづき)慎太郎(しんたろう)選手。錦織(にしこり)圭(けい)選手(29)が腕(うで)を磨(みが)く米フロリダ州のIMGアカデミーに13歳から留学している。望月選手を指導する山中(やまなか)夏雄(なつお)コーチ(46)に強さの秘密や海外生活について聞いた。【毎日新聞社会部・長野宏美(ながのひろみ)】

    毎日コートに6時間超

     ★自分から攻撃

     「そんなに大きくない」。ウィンブルドン・ジュニアの決勝を控(ひか)え、会場の1番コートを下見した望月選手はこう言ったという。ウィンブルドンは一般(いっぱん)男女や車いすテニスの世界トップが集まり、4大大会の中で最も長い歴史と伝統を誇(ほこ)るテニスの聖地だ。中でも1番コートは約1万2000人を収容する大舞台(ぶたい)。だが「(望月選手は)度胸があって、緊張(きんちょう)する場面でも自分から攻撃(こうげき)し、ポイントを取るのが強み」と山中コーチ。決勝では2歳上のスペインの選手を相手に、ひるむことなく攻(せ)め抜(ぬ)いた。

     ★ジョコも祝福

     決勝の後には、優勝者を祝う恒例(こうれい)の夕食会がある。望月選手と山中コーチは大会が用意したタキシードに着替(きが)えて出席した。一般の男子シングルス決勝は4時間57分に及(およ)ぶ大接戦となり、優勝者のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)が夕食会に現れたのは午後11時過ぎ。望月選手は疲(つか)れや眠気(ねむけ)に襲(おそ)われたが、ジョコビッチ選手と写真を撮(と)ってもらい、「おめでとう」と声をかけられ、感激したという。

     ★お笑いが好き

     望月選手は神奈川県川崎(かわさき)市出身。4人きょうだいの3番目で、姉や兄を追って3歳からテニスを始めた。あまり周りのことを気にしないタイプで、気分転換(きぶんてんかん)もうまいという。渡米(とべい)した時は英語はできなかったが、今では外国の選手と気軽におしゃべりする。日本のお笑い番組が好きで、ユーチューブでよく見ているという。

     好きな食べ物はチョコレートやチーズケーキ。留学当初は米国の食事が合わず苦労したが、体格の大きい外国選手に勝つには体重を増やす必要がある。山中コーチは「バナナなど、何でもいいから口に入れるように」と間食をすすめ、体重を増やしていった。今では日本食を恋(こい)しがることもなくなったという。

     ★高校は通信制

     テニスに専念する時間を増やすため、今年からアカデミー内の中高一貫(いっかん)校には通わず、日本の通信制高校で学びながら腕を磨(みが)いている。朝7時から練習を始め、有望選手が集まるエリートグループの練習や個別練習で1日6時間以上はコートに立ち、筋力トレーニングや英語の勉強にも励(はげ)んでいる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです