メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

シーア もはや革命、生身の芸術

 <楽庫(らっこ)>

 例年の比ではない豪雨に襲われた、FUJI ROCK FESTIVAL’19の2日目。それこそバケツをひっくり返したような雨に耐えながら、シーアを待つ。しかし、開演時間を過ぎても始まらない。まさかの中止? そんな周囲のざわめきが、客電の消灯と同時に3万人規模のどよめきに変わった。

 真っ白に浮かび上がった、がらんどうのステージには、シーアとスタンドマイクとダンサーのみ。すでに知られているスタイルではあるものの、実際に目の当たりにすると、やはり衝撃的だ。

 ステージと同化するような真っ白なドレスをまとったシーアは、黒と金の2分割ヘアで顔を隠したまま、舞台…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです