連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

「少女たちがみつめた長崎」 鎮魂と継承、林京子の意志=碓井広義

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 戦後74年の夏が終わろうとしている。日本の8月は、「鎮魂」と「継承」の月だ。継承すべきは、戦争という事実はもちろん、その体験と記憶である。

 今年の8月4~18日の2週間、民放テレビには鎮魂も継承も見当たらなかった。いわゆる戦争特番、終戦特番と呼ばれる放送がほぼなかったのだ。実は昨年も同様で、この沈黙がとても気になる。かつてはタレントなどを起用した、民放らしい特番が流れたものだ。手間と予算がかかる割に視聴率を稼げない、つまり商売にならないと判断しての通常編成なら、ジャーナリズムとしての役割放棄だ。

 いや、役割放棄ならまだいい。戦争というテーマを「取り上げないこと」自体が民放テレビの意思だとしたら、問題はもっと深刻だろう。マスメディアの影響力は、何かを「伝えること」だけにあるのではない。何かを「伝えないこと」による影響もまた大きいからだ。たとえ8月であっても戦争を扱った番組を流さないとなれば、視聴者が戦争を話題にすることも、平和について考える機会も少なくなる。民放テレビに「伝えないこと」の意…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1053文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集