メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「少女たちがみつめた長崎」 鎮魂と継承、林京子の意志=碓井広義

 戦後74年の夏が終わろうとしている。日本の8月は、「鎮魂」と「継承」の月だ。継承すべきは、戦争という事実はもちろん、その体験と記憶である。

 今年の8月4~18日の2週間、民放テレビには鎮魂も継承も見当たらなかった。いわゆる戦争特番、終戦特番と呼ばれる放送がほぼなかったのだ。実は昨年も同様で、この沈黙がとても気になる。かつてはタレントなどを起用した、民放らしい特番が流れたものだ。手間と予算がかかる割に視聴率を稼げない、つまり商売にならないと判断しての通常編成なら、ジャーナリズムとしての役割放棄だ。

 いや、役割放棄ならまだいい。戦争というテーマを「取り上げないこと」自体が民放テレビの意思だとしたら…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1053文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです