メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ最前線

/上 報道 視聴者の声、無視せぬ姿勢で ジャーナリスト・堀潤

「視聴者とのキャッチボールを大事にしている」と語る堀潤=東京都千代田区で

 インターネットの普及や若者のテレビ離れで、放送を巡る環境が激変する中、制作現場は変化にどう向き合おうとしているのか。報道、ドラマ、バラエティーの各分野で奮闘する3人が“テレビの最前線”を語る。初回は報道のあり方を模索するジャーナリストの堀潤(42)。【聞き手・小林祥晃】

保身捨て信頼回復を/問題提起の先の解決策示せ

 --堀さんは著書やインタビューでテレビ報道への危機感を語ることが多い。

 ◆根底にはテレビやメディアへの不信を払拭(ふっしょく)したい思いがある。先日も取材現場で出会った他…

この記事は有料記事です。

残り2022文字(全文2266文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです