連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

南アを走る図書館車

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山形県村山市から送られた移動図書館車の前で南アフリカの子供たちと話す蓮沼忠さん=デイビトンで2019年8月21日午前10時59分、小泉大士撮影
山形県村山市から送られた移動図書館車の前で南アフリカの子供たちと話す蓮沼忠さん=デイビトンで2019年8月21日午前10時59分、小泉大士撮影

 「商売させてもらった国の役に立てないか」。蓮沼忠さん(77)が「南アフリカ初等教育支援の会」(SAPESI)を設立したのは2006年。以来、日本の自治体から寄贈された移動図書館車約50台を南アに届けた。

 ソニー南アフリカの社長だった00年、マンデラ元大統領から「孫がプレイステーション2をほしがっている」と相談を受けた。自宅を訪問して語り合い「教育は…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集