メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

08年11月に三戸で行方不明の父、今どこに 桑添さん家族、帰り待ち続け11年 /青森

カレンダーの端に書かれた数字を見つめる桑添正之さん。桑添さんは毎月、父のいなくなった日数をカレンダーに書き込んでいる=青森県三戸町で

 昨年に全国の警察に届け出があった認知症の行方不明者は、警察庁が統計を取り始めた2012年以降最多の1万6927人に上り、年々増加している。三戸町ですし店を営んでいた桑添正夫さん(当時77歳)も11年前に認知症で行方が分からなくなった。父の跡を継いだ次男、正之さん(55)と妻京子さん(86)は毎日、欠かさず陰膳を用意し、「今どこにいますか」と帰りを待ち続ける日々を送る。【岩崎歩】

 桑添さんがいなくなったのは08年11月29日。この日、正之さんと京子さんは桑添さんを連れて町内の祭…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文855文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです