メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

循環バス「でんでんむし」

減便3カ月 どうなる「市民の足」 運転手不足、不便の声も /岩手

盛岡市の中心街を運行する循環バス「でんでんむし」=盛岡市中ノ橋通で

 盛岡市の中心市街地を走る循環バス「でんでんむし」が運行本数を3割減らしてから、3カ月がたった。他の路線バスも通り、影響は少ないという声がある一方、不便さを感じる市民もいる。選挙戦に入っている県知事選や盛岡市長選でも公共交通のあり方は議題や公約の一つに取り上げられており、「市民の足」には今後も注目が集まる。【鹿糠亜裕美】

 市によると、でんでんむしは2000年から本格運行を開始した。並行して走る路線バスもあるが、でんでん…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1247文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです