メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小牛田空襲・74年目の記憶

一人飛び込んだ防空壕 崩れ落ちる恐怖に耐え /宮城

高橋詮さんが逃げ込んだ防空壕のあった場所は今、駐車場(左)に。爆弾は奥に延びる路地の突き当たりを曲がったあたりに落ちたという=宮城県美里町藤ケ崎町で

 1945年8月。「敵機だ」と聞き、「渡辺採種場」会長、渡辺穎悦(えいえつ)さん(85)=美里町南小牛田(こごた)町屋敷=が自宅の門のあたりで空を見上げると、東から飛んで来る機体があった。自宅兼店は今と同じ場所で、空襲で犠牲者を出した小牛田駅から北へ約3キロ離れた江合川にかかる東北線の鉄橋近く。いったん通り過ぎた飛行機は高度を下げながら左旋回してきた。

 「そうしたらバババッて機銃掃射があってね」。弾は瓦を貫通して柱も撃ち抜き、外にあった風呂場の鏡も壊…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです