メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「震災伝承」20施設登録 県庁で案内標識など交付 /福島

震災伝承施設への登録証を受け取る新妻英正さん(右)=福島県庁で

 東日本大震災の記憶を後世に伝える「震災伝承施設」に23日、県内の20施設が登録された。県庁では、代表施設に登録証と案内標識の交付式が行われた。

 震災伝承施設は、国土交通省東北地方整備局と、福島を含む被災4県と仙台市でつくる震災伝承ネットワーク協議会が今年3月28日に選定した。来訪者や観光客の効果的な呼び込みを目的に、災害の教訓の理解や、防災などに役立つ施設を認定。アクセス性などから3グループに分類している。

 交付式では、交通の利便性が高く、案内員や語り部を配置するなど、来訪者が特に理解しやすいとする第3分…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです