メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田連絡道路

五輪「無理」 当初見込み甘く工事遅れ 川崎市 /神奈川

 川崎市は23日、来年の東京五輪・パラリンピックを目指して整備を進めていた羽田連絡道路の工事が遅れ、五輪に間に合わなくなったと明らかにした。2020年度内には完成させたい考え。

 連絡道は、研究開発機関などが集積する拠点「キングスカイフロント」(川崎区)と羽田空港を結ぶ約840メートルの区間で、多摩川に約600メートルの橋を架ける。川崎市と東京都が計画事業費約300億円(うち市負担約68億円)で一昨年6月に着工した。2…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです