メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡市

テレワークで移住促進 体験事業 施設利用料、新幹線代負担 /静岡

静岡市のテレワーク体験事業を利用してシェアスペースで働くKADOKAWAの社員=同市葵区で

 静岡市が首都圏の企業を対象に、オフィスを離れて自宅や外出先で働く「テレワーク」の体験事業に取り組んでいる。総務省などが働き方改革として2017年から展開している「テレワーク・デイズ」の一環で、体験期間中は市が施設利用料などを負担する。テレワークの推進で、将来的には首都圏で働く人の移住を増やす構想を描いている。【高場悠】

 市はシェアスペース運営会社「エニシア」(浜松市)など6社と連携し、首都圏の企業にテレワークを体験してもらう事業を昨年度から始めた。18年は1週間のみだったが、今年は7月22日~9月6日と期間を延ばした。市内8カ所で無料体験を実施し、往復の新幹線代なども市側が負担する。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです