メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

400年ごろ発生か 静岡大と磐田南高生、痕跡を発見 「対策検討に重要な資料」 /静岡

研究成果を報告する磐田南高の高校生ら=静岡市葵区の県庁で

 400年ごろに和歌山県南方沖から静岡県南方沖を震源域とする大地震が発生した可能性を示す痕跡を、磐田南高校の生徒が参加した静岡大学の研究グループが発見した。同グループの北村晃寿・同大教授(地球科学)は「南海トラフ地震が従来の想定よりも長い周期で発生している可能性がある。大地震と津波の対策を検討するうえで重要な資料になる」としている。

 研究グループによると、静岡市清水区の海長寺で採取した土壌から出た葉の化石や堆積(たいせき)物などを…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです