メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 大屋戸製菓 美味半生は来店特典 /三重

夫婦二人三脚で伝統の味を守る大屋戸重雄さん(右)と美葉さん=三重県名張市瀬古口で、衛藤達生撮影

 材料は砂糖、小麦粉、水といたってシンプル。伊賀、名張の伝統菓子「かたやき」はそれだけに奥が深い。砂糖の種類や小麦粉との配合割合、練り込む水分の量は店ごとに異なるという。「食べ比べてごらん。違いがきっと分かるから」と、店主の大屋戸重雄さん(72)は笑った。

 「大屋戸製菓」は重雄さんの父が戦後、名張市の旧町地区で開店。重雄さんは大阪、松阪で修業し、30歳ごろ店を継ぐために戻ってきた。バブル期には室生寺前での草餅の実演販売が当たったが、バブル崩壊後、観光客とともに草餅の売り上げも減少。そこで…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです