メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 障害者差別解消フォーラム 「心のバリアフリーを」 /滋賀

障害者差別解消法条例について対談するおおさか地域生活支援ネットワークの北野誠一理事長(左)と国立民俗学博物館のの広瀬浩二郎准教授=滋賀県近江八幡市鷹飼町の県立男女共同参画センターで、蓮見新也撮影

 「障害者差別解消法」(2016年施行)を補うため、今年度から施行された県条例の周知を図るフォーラムが先月末、近江八幡市鷹飼町の県立男女共同参画センターであった。約150人が全盲の広瀬浩二郎・国立民族学博物館准教授らの講演や対談で法令の狙いなどを学んだ。

 県障害者施策推進協議会長の北野誠一・NPO法人おおさか地域生活支援ネットワーク理事長が基調講演。県条例に基づく推進事業として、地域相談支援員(30人程度)を配置する方針や、障害者に配慮した事業を行う事業者や自治会をモデル事業者として、3万~5万円の事業費を3年間補助する予算…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです