メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展四国展

新鋭賞・小倉さんら揮毫 「あえて静かな世界」 受賞作解説 /愛媛

受賞作の解説をする檜垣哲一さん=松山市堀之内の県美術館南館で、中川祐一撮影

 連日多くの来場者でにぎわう県美術館南館(松山市堀之内)で開催中の第71回毎日書道展四国展(毎日新聞社、毎日書道会主催)は3日目の23日、審査会員による受賞作の解説や、受賞者による揮毫(きごう)会が行われた。会期は25日まで。【中川祐一】

 受賞作の解説では、審査会員3人が順に解説し、約50人が聴き入った。前衛書の河野隆志さんは「人間の視線は左から右へ行くので、(作品の)左を重くして右を軽くしてある」と作品の構成を説明。篠原茂徳さんは毎日賞を受賞した大字書を前に「普通右手で書くと(線の)右が上がるが、下げている。ほかの人がや…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文662文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです