メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

セグロセキレイ 主に日本に生息、個体数減少 /長崎

セグロセキレイ=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 餌を探しているのだろう。モノトーンの鳥が本明川(諫早市宇都町)の河原の石に飛び移り、ピンと長い尾を盛んに上下に振っていた。セグロセキレイだ。

 全長約20センチ。名前の通り、頭から背が黒く額の白色が良く目立つ。1年を通して北海道から九州まで分布し、川や沼などの水辺周辺で生活する。海外では、韓国南部の…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです