メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇佐市教委

爆弾池を整備へ 平和ミュージアム構想一環 /大分

 宇佐市の宇佐海軍航空隊跡に残る爆弾池(市史跡)について、市教委は年度内にフィールドミュージアムとして整備に乗り出す。「平和や生命の尊さを考える機会をつくろう」と進めている資料館と周辺の戦争遺構で構成する「平和ミュージアム」構想の一環。

 市教委社会教育課によると、爆弾池は1945年4月21日の空襲で投下された爆弾跡に水がたまってできた。空襲翌日に米軍が撮影した写真で初めて穴が確認できたことなどから、500ポンドの時限爆弾とみられている。爆弾池を含む1964平方メートルは2013年度に市有地となっている。

 16年度の発掘調査で、爆弾池ができた当時は直径約10メートル、深さ約1・2メートルと分かった。穴の…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです