メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

きょう開幕 個別分野で文書作成 米欧の溝大きく

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)が24日、フランス南西部のビアリッツで開幕する。通商や環境問題、中東情勢などについて3日間の日程で協議するが、トランプ米大統領と欧州首脳らとの隔たりは大きく、議論のとりまとめは難航が必至だ。1975年のサミット開始以来、初めて首脳宣言の作成が見送られる見通しとなっている。

 サミットは開催国のマクロン仏大統領が議長を務め、トランプ氏のほか、安倍晋三首相やメルケル独首相ら日…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです