メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらない氷河期

今を生き抜く 識者語る 基金・税制で雇用策を 玄田有史・東大教授

玄田有史・東大教授

 雇用環境が厳しかった「就職氷河期世代」は今、中高年にさしかかる。この世代の就業状況や待遇を調べてきた東京大社会科学研究所の玄田有史教授(労働経済学)は「他の世代との格差が歴然。問題は深刻化している」と指摘する。玄田教授に聞いた。【牧野宏美】

 就職氷河期世代は、おおむね1993~2004年ごろに卒業した世代を指し、大卒で現在37~48歳、高卒で33~44歳ぐらい。不本意ながら非正規雇用の職に就いているのは50万人、就業を諦めた人も40万人に達し、ひきこもり状態になっている人も多い。

 この世代の特徴は、実質賃金の低さ。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに、最終学歴が大学もし…

この記事は有料記事です。

残り1745文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです