メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日韓安保協力に亀裂

渡部恒雄氏=根岸基弘撮影

 歴史問題を背景に対立を深める日韓関係で、新たに安全保障分野にも亀裂が入った。韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄。元徴用工問題での日本企業の資産差し押さえから、対韓輸出規制強化へと続いた通商分野での応酬が、安保分野にまで波及した。協定破棄の背景と影響、日本のとるべき道筋を考える。

 韓国によるGSOMIAの破棄は、日韓関係のみならず東アジアの安全保障体制に悪影響を及ぼしかねない。日米韓はこれまで北朝鮮の核・ミサイル情報を共有し、連携して対処してきたが、日米、米韓同盟はあっても日韓は同盟関係にない。その隙間(すきま)を埋めてきたのがGSOMIA。協定が破棄されると米国を介してでしか日韓は情報共有しにくくなり、連携に支障を来す。協定に反対していた北朝鮮の思うつぼだ。中国やロシアに対する抑止力も低下してしまう恐れがある。

 協定のメリットを最も享受してきたのは韓国だった。朝鮮半島有事の際に威力を発揮するためだ。破棄は米韓同盟にもプラスにならない。しかし「有事は起きない」と想定すると話は変わる。韓国にも安全保障に反対する人は多い。米国とならともかく、日本とではなおさらだ。植民地時代の記憶で、手を組むとそれに乗じて自衛隊が侵略しに来るのでは、と懸念する人もいる。日韓併合のトラウマは大きいし、政治的理由でそれをあおる勢力…

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2868文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです