かんぽ生命

不正販売 「日本郵政 組織に問題」 民営化委員長言及

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府の郵政民営化委員会の岩田一政委員長は23日の記者会見で、かんぽ生命保険の不正販売問題を巡る日本郵政グループの対応について「情報が現場からトップまで伝わる仕組みが不十分だったのではないか」と述べ、組織運営に問題があったとの考えを示した。

 岩田氏によると、日本郵政グループはこの日の委員会で「4月にかんぽ生命株が売り出された時点で(保険料の二重徴収などの)苦情は個別に把握していたが、(不正の規模などが)具…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集