日米貿易交渉

延長 主張に隔たり、3日目へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日米両政府は22日、貿易協定締結に向けた2日目の閣僚級協議を米ワシントンで開き、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が交渉を行った。茂木氏は協議後、記者団に「頂上は見えているが、どう登っていくか知恵を出さなければならない」と述べ、日米間で主張の隔たりが残っているとの認識を示した。当初2日間の予定を延長し、23日も閣僚協議を続ける。

 日米両政府は22日午前から事務レベル協議を開始し、午後は閣僚級と事務レベルの協議を断続的に続けた。USTRは日本側に牛肉や乳製品など重要農産物の大幅な自由化を求める一方、米国の自動車関税の自由化には難色を示しており、日米で激しいせめぎ合いが続いている模様だ。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集