メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣人とともに

日本・韓国 本通じ刺激し合える 翻訳者・斎藤真理子さん(59)

斎藤真理子さん

 韓国で100万部以上売れた小説「82年生まれ、キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ著)を昨年末に筑摩書房から翻訳・出版したところ、日本でも13万部を超えました。

 主人公キム・ジヨンが体験する苦しみを描いたこの本が読まれたのは、日本の女性の言葉にならない悔しい気持ちを言葉にする呼び水になったからだと思います。

 1990年代初め、まだ韓国社会はセクハラ発言などにあまり敏感ではありませんでした。女性問題についても社会学者、上野千鶴子さんの著作が翻訳され読まれていました。男女雇用機会均等法など社会システムの整備は日本が先行しましたが、韓国の女性は行動、発信の仕方を身につけ、その後の展開は早かった。そういう意味で日韓が相互に刺激を与える時代だと思います。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです