新ワクチン技術

粘膜で働く抗体 大阪市立大チームが開発 肥満細菌に応用可

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 口や気管、腸などの粘膜で大量の抗体を作らせ、細菌やウイルスの侵入を水際で阻止できるワクチン技術を開発したと、大阪市立大の研究チームが23日発表した。この技術で肥満に関わる腸内細菌を狙い撃ちすれば、肥満を予防、改善する“肥満ワクチン”も可能だ。マウス実験で既に、肺炎球菌の感染防止や肥満改善などの効果を確認しており、人への応用を進めている。【松本光樹】

 既存のワクチンは血液を巡って働く抗体を産生させるため、感染後の重症化は防げても病原体の侵入は阻止できなかった。多くの病原体は粘膜から侵入するため、粘膜で働く抗体を作れるワクチンの開発が求められていた。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文808文字)

あわせて読みたい

注目の特集