メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新ワクチン技術

粘膜で働く抗体 大阪市立大チームが開発 肥満細菌に応用可

 口や気管、腸などの粘膜で大量の抗体を作らせ、細菌やウイルスの侵入を水際で阻止できるワクチン技術を開発したと、大阪市立大の研究チームが23日発表した。この技術で肥満に関わる腸内細菌を狙い撃ちすれば、肥満を予防、改善する“肥満ワクチン”も可能だ。マウス実験で既に、肺炎球菌の感染防止や肥満改善などの効果を確認しており、人への応用を進めている。【松本光樹】

 既存のワクチンは血液を巡って働く抗体を産生させるため、感染後の重症化は防げても病原体の侵入は阻止で…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文808文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです