メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

写真家・嶋田忠さん 野鳥の命の瞬間、写し止める

写真家の嶋田忠さん=東京都目黒区の東京都写真美術館で2019年8月2日、竹内紀臣撮影

 コバルトブルーのカワセミは川面に急降下し、カエルをくわえたアカショウビンは水しぶきを上げ飛び立つ。ヤマセミはくちばしを凍らせ水墨画のような冬景色にたたずみ、シマエナガは粉雪をかぶりながらかわいい顔を傾ける。

 動あり、静あり。写真家の嶋田忠さん(70)は半世紀以上、野の鳥が見せるあらゆる一瞬をカメラに収めてきた。「子供のころ、捕まえたくて必死に鳥を観察していましたが、ハンティングの行為には本能的な快感が宿っています。当時との違いは、今はシャッターを押しているということだけ。すべて鳥たちから教わりました」。大規模な個展「野生の瞬間 華麗なる鳥の世界」が開かれている東京都写真美術館(目黒区)の一室で、自らの原点を語り始めた。

 江戸時代から続く埼玉の農家の生まれ。ケヤキやカシの大木がかやぶき屋根の家の周囲を囲み、畑の先には広…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. サラリーマン川柳 今回の優秀100句を一挙掲載 第33回サラリーマン川柳 

  4. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  5. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです