メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄論壇時評

米国と一体化した本土 米軍基地集中、すでに限界=ジャーナリスト・渡辺豪

移設工事が進む辺野古沿岸部=沖縄県名護市で2019年5月14日、森園道子撮影

 外交・防衛政策の要は周辺国との信頼醸成だろう。だが、戦後日本は対米関係の強化に力を注ぐ半面、東アジアの隣国との意思疎通のパイプは先細りしている感すらある。そのもろさが今、日韓外交の機能不全に表れているのではないか。筆者にはこの構図が、内政面における沖縄県と政府の「辺野古」をめぐる対話断絶とシンクロして映る。

 米国のトランプ大統領が「日米安全保障条約は不公平」と条約見直しをちらつかせたのは、6月末の大阪、主要20カ国・地域(G20)首脳会議のタイミングだった。7月に来日したボルトン大統領補佐官は、在日米軍駐留経費の日本側負担の大幅増額を要求したという。

この記事は有料記事です。

残り2234文字(全文2513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです