プロ野球

DeNA5-1巨人 セ、M点灯お預け 東、巨人阻んだ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 DeNAが序盤の一発攻勢で得たリードを守り連敗を3で止めた。一回にソトが先制3ラン、二回に梶谷が2ランを放った。先発の東はチェンジアップを効果的に使い、8回1失点で4勝目。巨人は先発・桜井が制球に苦しんだ。

わずか88球、8回1失点

 DeNAの2年目左腕・東が、わずか88球で8回1失点と巨人打線を料理し、優勝マジック点灯を阻んだ。これで、昨年から東京ドームで5戦4勝と相性の良さを発揮し「こんなに良い投球ができるとは思わなかった」と頬を緩めた。

 力強い直球とタイミングを外すチェンジアップの組み合わせで切り抜けた。初めて走者を許した三回1死一塁でも、チェンジアップで代打・石川を遊ゴロ併殺に仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集